高校の教科・科目が変わりました |桑名市の塾ミック

高校学習指導要領改訂により、新高1生の教科・科目が変化しました。
また、各高校によりどの科目を学習するのかが異なるので、大学共通テスト、個別試験などで影響を受けるケースも出てくるかと。

 

まず国語ですが、従来の国語総合が「現代の国語」と「言語文化」になりました。
これまでは現代文と古典という「時代による区分」が、論説文と文学的文章&古典という「ジャンルによる区分」になるはず・・・でしたが。
採択率が一番高い「現代の国語」の教科書に文学的文章が入っており、うんっ???
「論理国語」「文学国語」の履修も各高校により異なるようで、なんだか複雑です。

 

 

そして、数学は高校の授業でどう学んでいくのか・・・。
まず数Aはどこまで学習するのか、特に数Cをいつどのように学ぶのか。
文系選択でも高3で数Cを学ぶ高校もありますが、これはこれで大きな負担になります。
そして、今後は文系選択の場合は、数Bの「統計的な推測」を学習することが事実上は必須になるかと。
その分、これまでの数Aの「整数」にあたる分野をスキップするのかしないのか・・・。

 

なお、現在は多くの高校が「確率分布と統計的な推測」をスキップしています。
しかし、共通テスト分析によれば、現高2・高3も共通テスト対策として「確率分布と統計的な推測」を学習すべきではと・・・。
ただ、さらなる負担にもなるので悩ましいところですが・・・。

 

とにもかくにも、この高1から高校の学習内容が大きく変わりました。
そのため講師たちには、「高1生には自分たちの経験で話さないように」と伝えてあります。
これまでの区分や考え方が通用しないからです。

 

例えば英語ですが、これまでの「コミュニケーション英語」が「英語コミュニケーション」になり、「英語表現」が「論理・表現」へと変わりました。
名前だけ変わったと思われていますが、そんなことでもないんです。
「英語コミュニケーション」は英語5領域を学び、「論理・表現」で英語での発信力強化を目指すとのこと。
これが、受験にどう影響していくかも研究していきます。

 

高校の現場は大変だと思いますが・・・、塾はそれ以上にもっともっと大変です。 
文科省から情報が降りてくるわけでもないので、自ら収集する必要があります。
私は、入試が終わって以降はオンラインセミナーで説明を受ける日がずっと続きました。

 

しかし、大学受験で勝ち抜くためには情報収集がキモです。
本日も大学受験予備校の方にお越しいただき勉強です。
高校の方針や大学の動向も把握し、しっかりとした進路指導ができるよう準備しています。

 

高校の学習も大学入試もミックにお任せください!

 

04/20

高校入試についての質問 |桑名市の塾ミック

桑名市の塾、ミック塾長の水谷です。
今日は高校入試についての「よくある質問」について

 

「生徒会の役員をしていると入試にに有利ですよね?」
これって本当なんでしょうか???

 

まず、私立高校の入試については一般的には重要ではないと思っています。
内申点が推薦基準を満たしていなければ、生徒会役員をしていようがしてなかろうが、学校推薦は不可です。

 

「学校推薦を出すかどうかの時に影響する」と言う方もいますが、推薦基準を満たしていれば一般的には推薦を出します。
本来は学校長の裁量にまかせた判断ですが、推薦基準を満たしている場合は、リスク回避思考からまず推薦を出します。

 

大学入試の場合、生徒会活動の有無を出願条件にしている受験もありますが、そのような私立高校はこの地域ではないようです。

 

そして、自己推薦や一般入試でも、ほぼ合否に影響しないかと。
ただ、推薦基準がない学校推薦のケースや、ごくごく一部の自己推薦・一般入試では、多少有利に働くこともあるかもしれませんが、そういったケースは稀かと。
あくまでも個人的見解ですので。

 

次に、三重県公立入試ですが・・・

 

前期選抜と後期選抜徒では大きく異なります。
この点についてはぜひ教室までお越しください!

 

04/18

私立高校の入試について |桑名市の塾ミック

こんにちは、塾長の水谷です。
さて、今日は私立高校の推薦入試について。

 

私立高校の推薦入試にもいろいろあります。
この地域では、大きく分類すると学校推薦と自己推薦に分かれます。

 

①学校推薦
各私立高校から推薦基準が示されます。
その多くは内申点基準(非公表
)です。

 

まず、いつの内申点を基準にするかですが、大半は2学期の成績ですが、1学期または2学期のどちらでも可というケースもあります。

 

次に内申点の基準ですが、大きく分類すると5科基準または9科基準に分かれます。
中には、5科かつ3科(国英数)基準という高校もあります。

 

なお、1や2がないこと、中3時の欠席日数が〇日以下などの条件がある場合もあります。

 

学校推薦はあくまでも中学校長の裁量判断ですが、一般的には推薦基準を満たしていれば推薦を出します。
逆に、基準を満たしていなければ学校推薦は不可です。

 

そして、学校長の推薦が取れれば、事実上その時点でほぼ合格となるので、その点では大学入試の指定校推薦に似ています。
ただ、私立高校の推薦入試では、原則学校内で何人までといった制限はありません。

 

ちなみに、私は学校推薦が決まった生徒に面接指導や作文指導をしません。
事実上合格が決まっているので中学校の指導で十分だからです。

 

しかし、多くの塾、特に個別指導塾では学校推薦が決まった生徒にも作文指導や面接指導を熱心に行う習慣があります。
生徒さんや保護者さんは合格がほぼ決まっているとは知らないことが多いので、「合格するか心配していましたが、先生の作文・面接指導のおかげで無事合格できました、ありがとうございました。」となり、塾にとっては絶好のアピールの場になからです。

 

※なお、学校推薦でも学科試験がある高校が多いのですが、極端に低い場合を除いては不合格になることはないようです。
一方で、学校推薦ではあるものの推薦基準がない高校もあり、この場合には不合格になることもあります。

 

 

②自己推薦
大学入試でいう公募型推薦にあたりますが、高校によりかなり異なります。
一定の内申点を受験資格にするケースもありますが、内申点による制限がないケースのほうが一般的です。
先ほどの学校推薦とは異なり、不合格となることもあります。

 

また、学科試験が科されることも多いです。
ちなみに、愛知県の私立高校の特色入試は、実質的にはこのタイプになるかと。

 

なお、学校推薦は専願になりますが、自己推薦は専願・併願が選択できるケースが一般的です。

 

以上、推薦入試についての解説でした。

 

大学入試の指定校推薦と同じく、私立高校の学校推薦であればワンランク、ツーランク上の高校が狙えます。
実際、学校推薦入試と一般入試とでは、その難易度に大きな差があります。

 

なお、推薦基準を満たしていても中学校側が学校推薦を認めないケースもあります。
また、学校推薦は内申点がものをいう試験です。

 

そのため、中学校の先生の評価が全てです。
テストの点数が良かろうが悪かろうが、先生の評価一つで決まってしまいます。
残念ながら各教科の先生との相性、そして運も必要なのです。

 

そして、学校推薦を狙う方は1学期勝負だと思って取り組んでください。
多くの場合、2学期の成績が基準ではありますが、2学期の成績は1学期の成績が大きく影響します。

 

2学期の成績は私立高校の推薦入試や公立入試前期選抜の内申点となる重要なものではありますが、県教委への報告義務がないこともあり、残念ながらテキトーな評価も多いんです。
そのせいで、これまでも多くのお子さんたちが涙してきました。

 

そして、それでも教育的観点からの裁量を著しく逸脱した、または明らかな過失があったと証明できるだけの客観的証拠がない限り、ひっくり返すことができないのが現状です。
※ちなみに私は一度だけ訂正に成功したことがあります。いや、正確には何十回と挑戦して一度しかない、です。それ程壁は高く

 

良くも悪くも、学校推薦を狙う以上は、中学校の先生様は神様なのです。

 

04/16

高校入試について 

こんにちは、桑名市の個別指導塾mic塾長の水谷です。

 

今日は高校入試について。

 

中3生のお子さんの保護者さまからよくこんなことを耳にします。

「高校入試の制度やボーダーがよくわかりません。 知り合いのお母さんたちに聞いても皆さんおっしゃることがバラバラで・・・」

確かに入試に関する情報は、皆さん驚くほどバラバラで、出所がよくわからない情報ばかり。

実際は、学校の先生も塾の先生もよくわかっていないことが多いかと。

だからこそ、特にこの地域では情報戦に勝つことが、逆転合格につながります。

 

例えば私立高校に関しては、推薦入試と一般入試とでは難易度が異なります。

また、公立高校の前期選抜と後期選抜でも、難易度は異なります。

それは、選抜方法・合否判定が大きく異なるからです。

そしてどちらが有利なのかも、そのお子さんの成績状況や得意・不得意によっても異なります。

 

また、一般入試、特に三重県公立高校入試の後期選抜については、当日点重視なのか?内申点重視なのか? とよく尋ねられます。

制度上は確かに内申点重視なんですが、このあたりも実際のところは、高校によって細かく異なります。

ただ、入試制度の一番ややこしいところは、一番知りたい合格ボーダーラインが非公表なことです。

というより、やや古いですが三重県情報公開審査会の答申第133号を見る限りでは、そもそも公立入試にはいわゆる合格ボーダーラインのようなものはなく、各高校の裁量による総合判断により合否を判定するという考え方が横たわっているようです。

単に内申点の合計と当日点の合計とを足し合わせた点数のみで合否判定をしているわけではないと。

 

例えば・・・、あくまでも仮定の話ですが、X高校を受験したAくん、Bくんの結果が下記のように。

Aくん:内申点31 学検点142 不合格

Bくん:内申点28 学検点137 合格

このようなケースは現在の三重県の入試制度でも現実に起こりえますが、Aくんからすればやはり理由が知りたいでしょう。

腑に落ちない合否判断のように思えますが、実際は不明瞭な総合判断による結果ではありません。

明確な根拠・基準による判断が働いた結果です。

そして、真の逆転合格を狙うとなるとそこを攻める必要があります。

では、なぜAくんではなくBくんが合格なのか。

 

その理由は前期選抜と後期選抜とでは異なりますし、各高校によっても異なりますが、明確な根拠・基準は必ずあります。

公務員が客観的根拠なき判断を下すことは考えにくいからです。

 

最後に、「〇〇高校は内申点9科〇以上ないと合格しない」という情報は要注意です。

同じ公務員である中学校の先生の評価である内申点を重視せざるを得ないのですが、一方でいろいろな制度により内申点評価を骨抜きにしようとしたのが、今の三重県の入試制度です(あくまでも私の個人的意見です)。

その結果、内申点が低くても当日点がしっかりと取れていれば合格します。(もちろん一定の条件はありますが)

逆に、内申点が9科45でも、当日点で一定の点数(順位)がなければ不合格になります。

ただ、それでもやはり内申点は高い方が一般的には有利です。

大学入試説明会のご案内 04/14

個別指導塾mic[桑名市]の塾長、水谷です。

今日は大学入試についてのお話です。

 

各大学ごとの入試説明会やオープンキャンパスに参加することは大切なことだと思います。

ただ、そんなに数多く回れない・・・。

そんなときにおすすめなのが各大学の入試担当者が集まる合同説明会。

特に、学校推薦型選抜・総合型選抜を考えている高3生にはおすすめです!

 

入試担当者の方と何度も会うことは、非常に有利になります。

HPや案内資料ではわからないマル秘情報を教えてくれることもあります。

これが、学校推薦型選抜・総合型選抜には大きな武器になることも・・・。

 

ということで、今月・来月予定されている合同説明会をご紹介!

※新型コロナウイルス感染症の影響で急な中止もあるそうです。

詳細は各自でお願いします。

 

 

◆大学・短期大学 入試・入学説明会(四日市会場)

日程:4/18(月) 15:45~18:15

会場:四日市市総合体育館(多目的室2)

※入場無料・入退場自由、近鉄四日市駅からシャトルバスあり(16:10発・17:00発)

詳細は各高校で案内していると思います。

●参考:大学入試・入学説明会 | 四日市会場

 

◆大学展(名古屋会場)

日程:5/21(土)・22(土)

会場:ウインクあいち

※事前予約要、詳細は今後案内、四日市会場は6/5(日)

●参考:2023中部の私立大学・短期大学 大学展

英検について |桑名市の塾ミック

 大学受験では英検が重要になっています。

 

 特に、難関大学の総合型選抜・学校推薦型選抜では英検2級レベルの英語力が受験資格になっている大学が増えており、高3生を悩ませております。

 

 そこで、短期間で英検対策をしたい方には、ミックの大学受験予備校コースの英検対策がおすすめです。
【参考例】
◆英検2級対策(語彙・文法&読解)
 全5回 受講料:13,750円
◆英検2級対策(リスニング・スピーキング)
 全5回 受講料:13,750円

※詳細は教室まで

 

■従来型の英検による受験は6/5(一次試験)にあります。

 

締め切りは5/6(金)ですが、書店受付締切日は4/28(木)です。

 

高3生は今回の受験が最後のチャンスとなります。

 

ただ、S-CBT方式であれば1日で受験ができ、受験に必要なCSEスコアがでます。

 

ただただ、なかなか席が取れないこともあるので要注意です!

 

学指導要領が変わった高1生が受験の時には、さらに多くの大学が英検2級レベルを受験資格にしてくるとも予想されています。
そのため、早めの対策がおすすめです!

 

参考:英検(実用英語技能検定)

 

大学入試について 04/11

こんにちは、個別指導塾mic(桑名市)、塾長の水谷です。

本日は大学受験の動向のお勉強。

 

学校推薦型選抜・総合型選抜での合格者数を増やしていく一方で、一般選抜では合格しにくくなる私大も増えていくと思います。

そして、志望理由書・小論文・面接・プレゼンテーションの指導の需要がますます高まると思います。

その点については数年前からしっかりと準備してきました。

私たちミックの強みです。

 

しかし、英検対策・課外活動支援なども非常に重要になります。

実はその点も準備してきました。

特に、英検対策必須です。

高3の夏までに2級は必須です。

特に学校推薦型選抜・総合型選抜をお考えの高校生は必要になります。

ミックの大学受験予備校コースの英検対策授業、おすすめです!

 

そして、大学受験、毎年変化しています。

コロナ禍では急な変更もOK・・・みたいな風潮もあるかと。

昨年度入試と受験方法・種類が変わっているし・・・みたいなことが結構起こっています。

2023年度入試の詳細が6月頃発表・・・のようなことも起こっていますが、一般選抜ならともかく、学校推薦型選抜や総合型選抜では対応できないことも。

学校推薦型選抜・総合型選抜を考えている高3生の皆さん、すぐに行動してください。

まずは、志望大学のHPでの確認や資料請求を!